EC2インスタンスに固定IPアドレスを割り当てる

EC2インスタンスはデフォルト設定では再起動するとIPアドレスが変更されてしまいます。
開発やテスト用のインスタンスの場合にはこれでも構わない場合が多いでしょうが、実際にサービスを提供するインスタンスとなると固定IPでないと問題がある場合が殆どでしょう。
EC2インスタンスに固定IPを付与する場合には Elastic IPsを利用します。

手順

以下、EC2インスタンスに固定IPを割り振る手順です。

  1. AWS のサイトからAWSマネジメントコンソール(以下コンソール)にログインします。
  2. コンソールからEC2をクリックします。
  3. 左メニューから Elastic IPs をクリックします。
  4. 現在割り当てられている Elastic IPの一覧が表示されます(最初は割り振りを行っていないため何も表示されない)。

    固定IPを割り振るために [ Allocate New Address ] ボタンをクリックします。
  5. 確認のダイアログが表示されるので、問題なければ [ Yes, Allocate ] ボタンをクリックします。
  6. 固定IPが割り当てられ、一覧に表示されます。
  7. 割り振られた固定IPをEC2インスタンスに関連付けます。

    割り当てを行うIPを選択・右クリックし、表示されるコンテキストメニューから [ Associate Address ] をクリックします。
  8. アドレスの関連付けを行うための画面が表示されるので、インスタンス、または、ネットワークインターフェースを選択し、[Associate] ボタンをクリックします。

確認

割り当て処理が問題なく行われたら、インスタンス一覧で、割り当てを行ったインスタンスの Public IPの値を確認しておきましょう。
割り振られた固定IPでこのEC2インスタンスにアクセス可能かどうかの確認も忘れずに。

注意

使われていない Elastic IP にも課金が発生します ( 参考 )。 利用していないElastic IPは破棄し、必要な場合に再度取得するのがよいでしょう。
※IPv4アドレスが枯渇しているため ( IPv4アドレスの在庫枯渇に関して )、無駄にIPアドレスを保有させないといった理由もあるのではないかと思われます。