Page Analytics プラグインでページ内クリックを分析する

Google アナリティクスが色々変わったので改めて見直してみると、以前存在していた"ページ解析"機能がなくなっていました。代わりに Page Analytics プラグインが提供されているので利用方法に関して簡単に説明します。

はじめに

最近 Goolge アナリティクスの UI 周りが変更になったようで、これを機会にこれまで利用していなかったタグマネージャの設定等を試しているのですが、併せて Google アナリティクスの設定等も見直す中で、以前は存在していた "ページ解析" という機能がなくなっている 事に気づきました。

※"ページ解析" を利用するにあたり、Googleアナリティクスのトラッキングコード設置の際に拡張リンクアトリビューションを有効にしていた。
※トラッキングコードをタグマネージャで管理する方式に変更する作業において "ページ解析" 機能がなくなっている事に気づいた。

頻繁に利用している訳ではなかったのですが、使えないとなると不便に感じるものです。

調べてみると Page Analytics という Chrome のプラグインを利用する事で、同様の解析が行えるとの事だったので導入してみました。

以下手順を示します。

環境

プラグインを利用するには Google Chrome が必要です。
※筆者の確認環境は Windows10 上になります。

手順

拡張リンクのアトリビューション設定

ページ解析機能を利用する場合、デフォルトでは、一つのページに同一ページ ( URL ) へのリンクが複数存在する場合、これらを個別に解析する事ができません。個別判定する場合"拡張リンクのアトリビューション設定"を有効にする必要があります。

※必要に応じて設定して下さい。

有効にするにはトラッキングコードを以下のように修正します。

ユニバーサルアナリティックスを利用している場合、以下のようなトラッキングコードを設定しているはずですが、

<script>
  (function(i,s,o,g,r,a,m){i['GoogleAnalyticsObject']=r;i[r]=i[r]||function(){
  (i[r].q=i[r].q||[]).push(arguments)},i[r].l=1*new Date();a=s.createElement(o),
  m=s.getElementsByTagName(o)[0];a.async=1;a.src=g;m.parentNode.insertBefore(a,m)
  })(window,document,'script','https://www.google-analytics.com/analytics.js','ga');
  ga('create', 'UA-XXXXXXXX-X', 'auto');
  ga('send', 'pageview');
</script>

これを次のように変更します。

<script>
  (function(i,s,o,g,r,a,m){i['GoogleAnalyticsObject']=r;i[r]=i[r]||function(){
  (i[r].q=i[r].q||[]).push(arguments)},i[r].l=1*new Date();a=s.createElement(o),
  m=s.getElementsByTagName(o)[0];a.async=1;a.src=g;m.parentNode.insertBefore(a,m)
  })(window,document,'script','https://www.google-analytics.com/analytics.js','ga');
  ga('create', 'UA-XXXXXXXX-X', 'auto');
  ga('require', 'linkid', 'linkid.js');
  ga('send', 'pageview');
</script>

Page Analytics プラグインの導入

Page Analytics (by Google) ページから取得できます。
Google Chrome でアクセスし、ページに表示される [ CHROME に追加 ] ボタンをクリックする事で導入する事が可能です。

Page Analytics (by Google)

追加ボタンをクリックすると、確認ダイアログが表示されるので [ 拡張機能を追加 ] ボタンをクリックします。

インストールが完了すると Chrome上に Page Analytics プラグインのアイコンが表示されます ( 下図参照 )。

Page Analytics プラグインの利用

  1. Page Analytics プラグインを導入した状態で、管理しているWebサイトにアクセスします。
  2. 自動的に プラグインが有効になり、Google アナリティクスの情報が表示されます。

    もし、プラグインが表示されない場合には Google アナリティクスにログインしていないものと思われます。
    アナリティクスのページからログインするか、Page Analytics プラグインのアイコンをクリックしてログインしてください。

使い方

Page Analytics プラグインでは以下の情報を確認する事が可能です。

  • ページビュー等の指標
    表示中のページの指標、(サイト)全体の指標、及び、全体に占める割合が表示される。
  • リアルタイムユーザ数
  • ページ内クリック情報
Page Analytics

上記 UI から各種表示を確認したり、表示設定を変更する事が可能です。

  • セグメント
    表示対象のセグメントを設定できます。複数セグメント(4つまで)を同時に表示させる事も可能です。
  • 期間
    表示対象となるデータの期間を設定できます。
    二つの期間の比較も可能。
    複数期間を比較する設定にした場合、リンクをマウスオーバーした際に表示されるクリック情報にもこの複数の期間におけるクリック数が表示されるようになります。
  • バブル
    • バブル(クリックした割合)の表示非表示を切り替える事が可能。
    • バブル表示の閾値(パーセント)を変更する事が可能。
    • バブル表示の色のON/OFFを設定可能。
    • クリック数を表示するイベント ( クリック, ゴール=コンバージョンイベント ) を設定可能
  • 最小表示
    右上にある Minimize/Maximize ボタンで 最小/最大表示の切り替えが可能です。最小表示にするとリアルタイムユーザ数のみ表示されます。

以下は複数のセグメント、及び、複数の期間(比較) を設定した場合の表示例

複数セグメント/期間を設定した場合

まとめ

最初 「どこいった!」 と思って色々探しましたが、プラグインを導入する事で以前と同等以上の確認ができるようになりました。

利用した事が無い場合、利用してみてはいかがでしょうか。
使ってみる事で何か発見があるかもしれません。

Webサイト構築、クラウド移行等承っております。お気軽にお問合せ下さい。