ウェブマスターツールの新機能でモバイルゲドンの影響をチェックする

小ネタ

2015/4/21日にGoogle のモバイル検索に関するアップデートが行われました ( モバイルゲドン とも呼ばれている )。
モバイルゲドン対策に忙しかったサイトも多々あったようですが、実際このアップデート前後でトラフィックや検索順位に影響があったかどうかをウェブマスターツールの新機能を利用して確認する方法に関して示します。

はじめに

先月21日 ( 2015/4/21 ) に Google のモバイルフレンドリーアップデートが実施されました。

参考 : Google ウェブマスター向け公式ブログ:検索結果をもっとモバイル フレンドリーに

これはモバイルに最適化されていないページよりも、モバイルに最適化された ( モバイルフレンドリー ) なページの検索順位を引き上げるものです。

[スマホ対応] というラベルを追加する事が昨年 (2014) アナウンスされた時点で、弊社サイトがスマホ対応が行えているかどうか確認しているのですが ( Google 新機能【スマホ対応】に対応しているか確認する 参照 )、先日ウェブマスターツールに新機能が追加され、モバイルフレンドリーアップデートによる影響があったかどうか確認する方法に関してもアナウンスされたので、この手順を示します。

参考 : Google ウェブマスター向け公式ブログ: 検索アナリティクス レポートで精度の向上したデータをご覧になれます

手順

  1. ウェブマスター ツール にアクセス / ログインします。
  2. チェックしたいサイトを選択します。
  3. ウェブマスター ツールのメニューから [検索トラフィック] > [検索アナリティクス] をクリックします。
  4. 検索アナリティクス(ベータ版) ページが表示されるので、以下を設定して、モバイルフレンドリーアップデート前後の影響をチェックします。
    • 表示回数, 掲載順位 をチェック
    • デバイス (ラジオボタン) をクリックし、[デバイスをフィルタ]>[モバイル] (あるいは[タブレット]) をクリック
    • グラフが描画されるので、モバイルフレンドリーアップデート前後での影響をチェックする
    検索アナリティクス(ベータ版)

上記設定以外にも、国でフィルタをかけたり、ページでフィルタをかける ( URLを指定する ) といった事も可能になっています。

ちなみに、弊社サイトの場合、上図のように殆ど影響はありませんでした。

まとめ

一部ではかなり騒がれていたモバイルフレンドリーアップデート。

実際にアップデート前後の影響をチェックして、各種対策等を行ったサイトもあるかと思いますが、

  • まだチェックしてない
  • 計測手段がなくて、チェックできていない

といった方、ウェブマスターツールの新機能を利用してチェックしてみてはいかがでしょうか。